電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

サービス業での残業代請求を弁護士に依頼した場合の費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月16日
  • 残業代請求
  • 残業代請求
  • 弁護士
  • 費用
  • 水戸
サービス業での残業代請求を弁護士に依頼した場合の費用は?

「毎日残業しているのに残業代が支払われていない」「残業がなかったことにされている」、といった状況で働いている人は多いのではないでしょうか。特に、理美容室やアパレル、スーパーなどのサービス業界では、人手不足から未払い残業代の問題が数多く発生しています。

未払い残業代を請求したいときは、紛争解決の専門家である弁護士に依頼することをおすすめします。しかし、普段から弁護士を利用していなければ、「費用がいくらかかるか分からない」といった不安があると思いますので、ここでは弁護士に依頼する場合にかかる費用について解説していきます。

1、弁護士に残業代請求を依頼すると相場はいくら?

弁護士費用は、大きく法律相談料着手金報酬金実費の4つに分類されれます。何にどれくらいの費用がかかるのかについて、見ていきましょう。

  1. (1)法律相談料

    法律相談料は、30分あたり5000~10000円に設定されている法律事務所がよく見受けられます。しかし、最近では初回の法律相談料を無料としているところや、相談は何度でも無料としているところも多くなってきました。

  2. (2)着手金

    着手金とは、弁護士と委任契約を締結して実際に問題解決に着手してもらう際の費用のことです。依頼内容が複雑で難易度が高いほど高額になりますが、着手金の相場は約20~30万円と言われています。ただし、最近では弁護士利用への敷居を下げるべく着手金を無料とするケースも少なくありません。

  3. (3)報酬金

    報酬金とは、実際に残業代の請求に成功した場合にかかる費用です。報酬金の相場は、回収できた残業代の約20~25%となっています。

    ただし、報酬金は「未払い残業代が回収できた場合に発生する」と考える法律事務所もあれば、「成否にかかわらず発生する」と考える法律事務所もあります。後々トラブルを防止するためにも、依頼を検討している法律事務所がどちらの方針を取っているのか、契約する前に確認しておいたほうがよいでしょう。

  4. (4)実費

    実費とは、弁護士が問題解決に要する諸費用のことです。法律事務所によっては、「(事務)手数料」という言い方をするところもあります。交通費や通信費、コピー代、印紙代などがこれに該当します。

2、弁護士に依頼するメリット

  1. (1)迅速に未払い残業代を回収できる

    弁護士に残業代請求を依頼するメリットのひとつは、未払い残業代を迅速に回収できることです。自分ひとりで請求をしても、会社側に相手にしてもらえないこともありますが、弁護士がつくことによって、会社が「弁護士が出てきたら無視はできない」と感じ、交渉に応じてくれる可能性も高くなります。

  2. (2)書類作成や手続きの手間が省ける

    問題解決のためには、内容証明を作成して送付したり、裁判所で手続きを行ったりすることもあります。弁護士に依頼することで、こうした書類作成や手続きを行う手間暇や時間的コストを省くことができます。また、交渉なども弁護士が行いますので、会社側と直接対峙することに対するストレスも減るでしょう。

  3. (3)相手方から有利な条件を引き出すことができる

    弁護士に依頼する最大のメリットは、相手方からより有利な条件を引き出して問題解決が図れることです。弁護士が客観的な証拠を提示しながら会社側と交渉を行うことで、心理的強制力を働かせることができ、請求金額の満額に近い金額が回収できる可能性が高くなります。

3、費用を抑えるためのポイント

  1. (1)できる限り自力で証拠集めをしておく

    費用を抑えるためには、自力で集められる証拠はできるだけ多く集めておきましょう。証拠資料の準備ができていなければ、弁護士に証拠収集まで依頼しなければならず、結果として必要な費用が大きくなってしまいます。

  2. (2)無料の法律相談を活用する

    最近では無料で法律相談を行っている事務所も増えているので、複数の法律事務所で話を聞いてみることをおすすめします。いくつか法律事務所をまわってみることで、弁護士との相性の良し悪しもわかるからです。

    また、法律相談に行く際は、残業代請求に関係しそうな書類や資料を一式持参されることをおすすめします。併せて、未払い残業代が発生した経緯や現在の状況について簡潔にまとめたメモがあると話がスムーズに進み、限られた時間を有効に使うことができるでしょう。

  3. (3)弁護士費用は総合的に判断する

    弁護士費用を抑えるために最も重要なのが、必要となる弁護士費用を総合的に検討することです。「着手金は無料」としている法律事務所は、着手金が有料のところよりも一見費用が安く済むように見えます。しかし、その分成功報酬を高めに設定していて、総合的に見れば費用が割高になるケースもあります。「着手金」「手数料」などひとつひとつの項目だけにとらわれず、依頼全体にかかる費用を比較検討することが大切です。

4、まとめ

残業代請求に必要な弁護士費用は、基本的に法律相談料と着手金、成功報酬、実費で構成されています。法律事務所によってそれぞれにかかる費用のバランスは異なりますので、弁護士に依頼する際にはよく確認しておきましょう。

会社に残業代を支払ってもらえずお困りの場合は、ベリーベスト法律事務所 水戸オフィスまでご相談ください。当事務所の弁護士がお客様のお話を伺って現状を把握し、最適な残業代請求の方法をご提案いたします。証拠の収集にお悩みの方も、弁護士にご相談いただければアドバイスをいたします。

実際に依頼をご検討いただく際は、担当弁護士がお見積を作成いたします。一括での費用の支払いが難しい場合、当事務所ではクレジットカード決済や分割払いにも対応しておりますので、遠慮なくお申し出ください。
残業代請求には時効があります。未払い残業代のことでお悩みの方は、一人で悩まずにできるだけ早くベリーベスト法律事務所 水戸オフィスまでご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

水戸オフィスの主なご相談エリア

茨城県水戸市、青柳町、赤尾関町、赤塚、秋成町、圷大野、曙町、朝日町、愛宕町、木葉下町、有賀町、飯島町、飯富町、石川町、泉町、岩根町、牛伏町、内原町、大串町、大足町、大塚町、大場町、大町、小原町、加倉井町、笠原町、金谷町、金町、上河内町、上国井町、上水戸、萱場町、川又町、瓦谷、河和田町、北見町、栗崎町、黒磯町、けやき台、小泉町、鯉淵町、小林町、小吹町、紺屋町、五軒町、五平町、栄町、酒門町、柵町、桜川、三の丸、塩崎町、渋井町、島田町、下入野町、下大野町、下国井町、下野町、白梅、新荘、新原、自由が丘、城東、城南、水府町、末広町、杉崎町、住吉町、千波町、高田町、田島町、田野町、田谷町、大工町、ちとせ、中央、筑地町、天王町、東野町、東前、東前町、常磐町、中大野、中河内町、中原町、中丸町、成沢町、西大野、西原、根本、根本町、袴塚、八幡町、浜田、浜田町、梅香、東赤塚、東大野、東桜川、東台、東原、姫子、開江町、平須町、平戸町、備前町、藤井町、藤が原、藤柄町、双葉台、文京、堀町、本町、全隈町、松が丘、松本町、見川、見川町、緑町、南町、三野輪町、宮内町、宮町、三湯町、見和、元石川町、元台町、元山町、元吉田町、森戸町、谷田町、谷津町、柳河町、柳町、百合が丘町、吉沢町、吉田、吉沼町、米沢町、六反田町、若宮、若宮町、渡里町、ひたちなか市、笠間市、那珂市、 東茨城郡城里町、大洗町、茨城町

ページ
トップへ