電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

遺産相続を
水戸の弁護士に相談

遺産を受け取る方

遺産を残す方

相続・遺言問題をベリーベスト法律事務所に依頼するメリット

弁護士、税理士、司法書士によるワンストップサービス

ベリーベスト法律事務所には弁護士、税理士、司法書士が在籍しており、遺産相続に関する全てがベリーベストグループ内で完結する、真のワンストップサービスをご提供しております。
遺産相続に係る手続きは非常に複雑で、それぞれの専門家は多岐に渡り、通常ですとお客様がすべての専門家と個別にお話を進めていただくことになります。しかし、ベリーベスト法律事務所 名古屋オフィスでは、各専門家と情報共有を行いますのでお客様のお手を煩わせることなく問題解決へと導きます。

一般的な相続手続きの場合

一般的な相続手続きの場合

ベリーベスト法律事務所ワンストップサービスの場合

ベリーベスト法律事務所の場合

遺産相続のトラブルでお困りのことはございますか?

  • ・遺産分割協議書の作り方が分からない。
  • ・全く面識のない人が、相続人だといって現れて困っている。
  • ・とにかく仕事が忙しい。面倒な手続きは誰かにしてもらいたい。
  • ・親が、離婚再婚を繰り返している。前妻の子に、連絡するのが気が進まず、手続きが進められない。
  • ・結婚はしているが、子どもに恵まれなかった。夫が亡くなって自分一人になった時にどうしていいかわからず不安である。
  • ・夫が亡くなり、いろいろとお金が必要になったので、銀行に行ったところ、預金が引き出せず困った。
  • ・自分で、手続きを進めてようとしているが、役所の窓口で、足りない書類を指摘されてどうしていいかわからない。

このような、お困りごとをかかえていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

相続争いや遺産分割協議のトラブルなら弁護士にご相談ください

相続争いは、他人事ではありません。我が家に限ってというのは通用しないのです。
相続というのは、一生に何回もあるわけではない、まとまった金額が手に入る機会です。
そういった時に、相続争いのトラブルに見舞われるのは、実はよくあることなのです。
また、相続の際は、遺産分割協議というものをしなければなりませんが、これも、トラブルの元なのです。
同じ親からうまれたきょうだい同志とはいえ、考えていることがみな同じだとは限りません。
そうなると、当事者だけではいつまでも遺産分割協議が進みません。そういった時は、まずは弁護士にご相談ください。
弁護士は、法律のスペシャリストです。ベリーベストの弁護士に、ご相談くだされば、法律に照らして客観的な立場から、それぞれのケースに応じた最善の解決方法をご提案させていただきます。

法律相談60万件以上の豊富な実績と日本全国対応

ベリーベスト法律事務所は、全国各地にオフィスを有しておりますので、これまでの法律相談は、60万件以上に上ります。また、解決までのノウハウは、全店舗の弁護士で共有しておりますので、よりベストな解決方法のご提案をさせていただけます。

茨城県水戸市で相続トラブルについてお悩みの方へ

茨城で相続や遺言に悩んでいる方は、ベリーベスト法律事務所水戸オフィスの弁護士へお気軽にご相談ください。
たとえば、相続・遺言に関して、以下のようなお悩みはありませんか?

相続人が把握できず話し合いが進められない
故人の遺産を相続できる方は配偶者と血族のみ、と法律で決まっています。
しかし、たとえば親が再婚している場合や亡くなった方に子どもがいない場合など、どの範囲までが相続人にあたるのかがわかりづらいこともあります。また、相続人が特定できている場合も、遠方に住んでいるなどの理由から連絡が取れないこともあるでしょう。
ベリーベスト法律事務所 水戸オフィスでは、相続人が不明確な場合は相続人調査を行ったうえで、担当弁護士が相続人の方々に連絡を取り、お客様のスムーズな遺産分割協議をサポートいたします。

長らく親の介護をしてきたのに相続分は兄弟と同じ?
両親の遺産を子が相続する場合、遺言がなければ法定相続分に従って、親の財産の1/2を兄弟で平等に分割(残りの1/2は配偶者へ)することになります。
しかし、「長らく親の介護をしていた」「実家の家業を手伝っていた」「親の借金を肩代わりしていた」などの場合、これらの事情を考慮せず法定相続分に従って平等に分割するのでは、公平ではありません。

そこで法律では、生前に故人に対する貢献があった人には、寄与分として相続財産の上乗せを認めています。寄与分がある場合は、すべての財産から寄与分の財産を差し引き、残りを兄弟で平等に分割することになります。つまり、長らくご両親の介護を担ってきた方などは、法定相続分とは別に寄与分の財産を受け取ることが可能です。
ただし、寄与分には明確な定めはないため、最終的には相続人同士の話し合いで決定することになります。ご兄弟が寄与分として財産を多くもらうことに納得してくれないなどの事情があれば、弁護士までご相談ください。

兄弟が生前贈与を受けていた場合は?
兄弟が生前に親から財産を受け取っていた場合、生前贈与を受け取った方の相続分は少なくなります。生前贈与にあたるのは、たとえば以下のような財産です。

  • 生前に親から引き継いだ不動産など
  • 結婚時の持参金や支度金
  • 住宅取得資金
  • 独立開業資金

たとえば、2人兄弟で長男のみが生前に3,000万円の住宅をもらい受けていた場合、相続の際はすべての財産に3,000万円を加えたうえで法定相続分を計算し、長男は法定相続分から3,000万円を差し引いた金額を相続します。つまり、生前にもらい受けていた財産の額が相続分と同じかそれ以上であれば、長男に相続できる遺産は存在しないことになります。

このように、生前に財産をもらい受けているかどうかで遺産の分割割合は大きく変わってくるため、トラブルにお悩みの方などは弁護士までご相談ください。

遺言書に名前がなければ財産を相続できない?
故人の意思を最大限尊重するものとして遺言が優先されるのはもちろんのことですが、必ず遺言に従って遺産を相続しなければならないわけではありません。配偶者と子や孫、親や祖父母には「遺留分」として、法律上最低限の相続分が守られているからです。そのため、遺言書に配偶者や兄弟の1人にすべての財産を相続させるような記載があったとしても、遺言により遺産を相続した人に対して「遺留分減殺請求」を行えば、最低限の遺産を取得することができます。
ただし、遺留分減殺請求には、遺贈等を知ったときから1年、および、相続開始(被相続人が亡くなった日)から10年の請求期限があります。遺言書にご自身の名前がなかったからといって遺産相続をあきらめず、お早めに弁護士へご相談ください。

親の借金を相続したくない
相続は基本的に、一部の財産のみに限定することはできず、借金などのマイナスの財産も含めてすべてを相続しなければなりません。そのため、本来ならば親の借金を子が返済する義務はないものの、親の遺産を相続すれと、プラスの財産と一緒に取得した借金やローンなどのマイナスの財産も、子どもが返していく義務を負います。

親の借金を背負いたくない場合は、手続きにより相続を放棄することが可能です。
しかし、相続放棄の場合は、プラスの財産を含む一切の財産を相続できなくなることに注意が必要です。土地や住宅など手放したくない財産がある場合は、「限定承認」という手続きにより、取得したプラスの財産の範囲内でマイナスの財産の一部を引き受けることもできます。
相続放棄・限定承認いずれの場合も、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に手続きを進める必要があります。遺産相続に関して迷われている場合は、お早めに弁護士までご相談ください。

遺言書の書き方がわからない
一般的な遺言書には、遺言者が自筆で作成する「自筆証書遺言」、遺言者が口頭で述べた内容を公証人が文書に記す「公正証書遺言」、自身で作成した遺言書を後から公証してもらう「秘密証書遺言」の3つの種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身の死後にトラブルを起こさないためにも、各形式の特徴を理解したうえで遺言書を作成することが大切です。そのほか、遺言書の書き方や記載する内容などに関する疑問にもお答えいたしますので、遺言書作成でお悩みの場合も弁護士までご相談ください。

自分の財産を相続させたくない人がいる場合は?
法定相続人の中に自分の財産を相続させたくない人がいる場合、遺言書にて「相続廃除」の意思を示せば、相続の対象から外すことができます。しかし、法律上は相続人である人を相続の対象から除外するのですから、後から大きなトラブルに発展することは容易に想像できます。また、たとえ遺言書に相続廃除の記載があっても、死後に家庭裁判所による手続きを経なければ、相続の対象から除外できないことにも注意が必要です。

ご自身が亡くなった後のトラブルを避けるためには、生前に家庭裁判所へ相続廃除の申し立てを行う方法も選択肢の1つとして考えられます。状況に応じて適切な方法をアドバイスさせていただきますので、ますはお客様のご事情をお聞かせください。

個々にさまざまな事情が複雑に絡み合う相続問題では、仲のよかった兄弟でも、相続をきっかけに争いになってしまうケースは少なくありません。また、相続に関する手続きは、法知識のない一般の方には非常にわかりづらく難しいものであり、煩雑な手続き自体にストレスを抱えることもあります。

ベリーベスト法律事務所水戸オフィスの弁護士なら、遺産分割協議から手続きまで、しっかりとサポートいたします。水戸市内・水戸市近隣で遺産相続にお悩みの方は、お気軽にベリーベスト法律事務所水戸オフィスまでご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

水戸オフィスの主なご相談エリア

茨城県水戸市、青柳町、赤尾関町、赤塚、秋成町、圷大野、曙町、朝日町、愛宕町、木葉下町、有賀町、飯島町、飯富町、石川町、泉町、岩根町、牛伏町、内原町、大串町、大足町、大塚町、大場町、大町、小原町、加倉井町、笠原町、金谷町、金町、上河内町、上国井町、上水戸、萱場町、川又町、瓦谷、河和田町、北見町、栗崎町、黒磯町、けやき台、小泉町、鯉淵町、小林町、小吹町、紺屋町、五軒町、五平町、栄町、酒門町、柵町、桜川、三の丸、塩崎町、渋井町、島田町、下入野町、下大野町、下国井町、下野町、白梅、新荘、新原、自由が丘、城東、城南、水府町、末広町、杉崎町、住吉町、千波町、高田町、田島町、田野町、田谷町、大工町、ちとせ、中央、筑地町、天王町、東野町、東前、東前町、常磐町、中大野、中河内町、中原町、中丸町、成沢町、西大野、西原、根本、根本町、袴塚、八幡町、浜田、浜田町、梅香、東赤塚、東大野、東桜川、東台、東原、姫子、開江町、平須町、平戸町、備前町、藤井町、藤が原、藤柄町、双葉台、文京、堀町、本町、全隈町、松が丘、松本町、見川、見川町、緑町、南町、三野輪町、宮内町、宮町、三湯町、見和、元石川町、元台町、元山町、元吉田町、森戸町、谷田町、谷津町、柳河町、柳町、百合が丘町、吉沢町、吉田、吉沼町、米沢町、六反田町、若宮、若宮町、渡里町、ひたちなか市、笠間市、那珂市、 東茨城郡城里町、大洗町、茨城町

ページ
トップへ